母親が生理中 赤ちゃんやこどものお風呂の入れ方はどうする?

子どもと一緒にお風呂に入る時、生理中の場合はどうしていますか?

特に赤ちゃんの頃は、普段でもお風呂に入れるのにアタフタなのに…という方もいらっしゃるでしょう。

家族の助けがないときは、どのようにして一緒にお風呂に入ればいいのでしょうか?
今回は、生理中の子どものお風呂の入れ方について、私の経験談も交えてお伝えします。

スポンサーリンク

生理中 赤ちゃんのお風呂の入れ方は?

自分一人でお風呂に入る時、生理中でも気になることはないでしょう。
しかし、赤ちゃんと一緒にお風呂に入るのが当たり前になってくる頃、生理が再開する人も多いですよね。
生理中の赤ちゃんのお風呂の入れ方は、次のような方法があります。

タンポンをつけて一緒に入る

経血が気になる人は、タンポンをつけて一緒に入るのが一番簡単な方法です。
この方法だと、お風呂に入っている間も、脱衣所で体を拭いている時も、経血を気にすることなくお風呂に入ることができますよね。
子どもに経血を見せたくないという人や、経血の量が多い時にはお勧めの方法です。

自分は湯船に入らない

赤ちゃんと一緒にお風呂に入っても、湯船には赤ちゃんだけ入れるという方法もあります。
経血の量が多いときや、気になる時にはこの方法がお勧めですが、赤ちゃんが湯船に入っている間は目を離さないように気を付けましょう。

普段通りに一緒に入浴する

生理中でも、もちろん赤ちゃんと一緒に普段通り入浴することには何の問題もありません。
湯船に使っている間は水圧がかかっているので、経血が大量に湯船に漏れだしてしまうということもありませんよね。
いつもと変わらず赤ちゃんと一緒に入浴するというのも、一つの方法ですね。

スポンサーリンク

ベビーバスを使う

赤ちゃんの体がまだ小さい間は、ベビーバスを使う方法もありでしょう。
ただし、よく動く赤ちゃんや体が大きくなった赤ちゃんは、ベビーバスだと窮屈に感じますし、ママの体勢もつらいです。
この方法は大きくなってくるとお勧めできません。

こどもとお風呂 生理中はどうする?

私の場合、生理中は普段通り入浴していましたが、経血の量が多いときは子供だけを湯船に入れるようにしていました。
湯船に浸かれないと、自分の体はなかなか温まりませんよね。
なので、ちょっともったいないですが、自分が湯船に浸かれない時はシャワーを出しっぱなしにして体を温めていました。
子どもを置いて先に浴室から出るのは危ないので、子どもを湯船に入れている間は目を離したくなかったんですよね。

脱衣所に出た後は、経血が漏れないように素早くナプキンを付けられるよう、入浴前に下着にセットして準備しておきました。
そうすることで、子どもを待たせなくていいし、自分も楽なんです。

子どもが少し成長してくると、経血に気が付くようになりました。
子どもも血を見るとびっくりしますよね。
そんな時は、どうして血が出ているのかを説明するようにしていました。
そして、湯船に一緒に入れない理由も説明すると、子どもなりに理解しているようでしたね。
ナプキンについても子どもが質問してくるんです。
だから、生理中には必要なものだということを合わせて説明していました。

まとめ

生理中は、いつもと違って自分の体調も変化している時です。
体調がいいのであれば、いつもと変わらず一緒にお風呂に入っても大丈夫ですよ。
もし体調が悪いなら、一日くらいお風呂に入れない日があってもいいと思います。
一緒にお風呂に入りたいときは、自分に合った方法で無理のないようにしてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事