ファーストシューズをプレゼント サイズ選びで1歳の誕生日なら?

出産祝いや赤ちゃんの1歳の誕生日の贈り物で人気のファーストシューズ。

靴をプレゼントするときに悩むのが、サイズですよね!

平均的なサイズなら大丈夫…ではないのです。

今回は、ファーストシューズをプレゼントするなら知っておきたい、ファーストシューズ購入時期や、赤ちゃんの足のサイズの測り方についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

ファーストシューズをプレゼント サイズはどうする?

ファーストシューズとは

ファーストシューズとは、その名の通り、赤ちゃんが初めて履く靴のことです。
ヨーロッパでは、ファーストシューズを玄関に飾っておくと、その家に幸せが訪れるという言い伝えもあるそうです。

ファーストシューズのプレゼントの意味は?

両親以外の人からファーストシューズを贈られると、幸せになるというジンクスを聞いたことがありませんか?
このようなジンクスがあるので、祖父母やおじ、おばがファーストシューズをプレゼントするととても喜ばれるんです。
子どもがすくすくと成長してほしいという願いが込められていると思うと、いただく側も嬉しいですよね。

ファーストシューズのサイズは?

ファーストシューズには、室内用と屋外用があります。
贈る時期によっては、素材やデザインなどの違いも出てきますよね。

室内用のファーストシューズ

室内用は、ソール部分が布製であったり、滑り止めのついたゴムのようなものでできていることが多いです。
そのため、履くときに多少のサイズの誤差が気になることはありません。

外で履くファーストシューズ

反対に屋外用は、しっかりと赤ちゃんの足で立って歩くことができるものを選びましょう。
歩き方がまだ安定しないので、靴には歩行を支えてあげる役割があります。
そのため、赤ちゃんの足にピッタリのサイズを選ぶことが必要です。

スポンサーリンク

1歳の誕生日プレゼントに靴をサイズはどうする

赤ちゃんに靴をプレゼントしたいとき、私なら贈った後すぐに履けるサイズのものを贈ります。
そのためには、赤ちゃんの靴のサイズを知ることが大切ですよね。
本当は一緒に買いに行って、赤ちゃんに履いてみてもらうのが理想ですが、なかなかそうはいきませんよね。
ですから、親にサイズを聞いたり、実際に測ってもらったりすることをお願いします。

赤ちゃんの足のサイズ 測るときの注意点

足のサイズを測るときは、必ず赤ちゃんを立たせて足に体重がかかった状態にしてください。
そして、かかとの先から指の一番長いところまでが実際のサイズとなります。
この時、足の指先が伸びているかどうかをチェックしましょう。

赤ちゃんの足のサイズの測り方(私の場合)

足のサイズはメジャーで測りますが、赤ちゃんはなかなかじっとしてくれないし、かかとの位置はすぐにズレてしまうんですよね。
なので私は、紙の上に子どもを立たせて、ペンや鉛筆でしるしをつけた後、その間をゆっくりと測るようにしていました。

一緒に測っておくとよいのはココ!

足の長さのサイズを測るのと同時に、足の甲の高さも重要なので「足囲」も一緒に測ることをお勧めします。

足囲は、親指と小指の付け根の骨の部分の周囲をグルっと測った長さになります。

靴のデザインによって甲の高さや形は色々な種類があるので、赤ちゃんの甲の高さがわかっていると選びやすいですね。

まとめ

赤ちゃんが身に着けるものを買う時に、平均値というものは全くといっていいほど役に立ちません。
生まれてくる大きさも違えば、大きくなるスピードも違います。
そして、歩き始める時期にはかなり個人差がありますので、ファーストシューズが必要になる時期も人それぞれなんです。

特にファーストシューズは、赤ちゃんにとって安全に歩くための手助けをしてくれるものだと考えてください。

そのため、その子にピッタリのサイズを選ぶ必要がありますので、何となくの大きさで買うのではなく、しっかりとサイズを測ってから購入しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事